かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

こんなお悩みはありませんか?

・お尻にチクチクするような痛みやシビレがある

・ランニングしてると痛みが強くなる

・太ももやふくらはぎ、足の裏まで痺れる

・座ったときや走っているときに痛みやシビレががでる

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群は、ランニングやウォーキングをしているときにお尻が痛くなったり、長時間座っていて痛みが出たりします。

股関節の動きは、とても複雑で歩行やランニングなどに特に関係があります。股関節を内側に捻ったりしてお尻が痛くなるような症状が出ると、外側に回す筋肉(外旋筋)が硬くなっており、その下の坐骨神経が圧迫されている可能性があります。

梨状筋症候群イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

次に坐骨神経がどのように走っているのかをみていきましょう。

人間の神経は大きく分けると脳や脊髄神経の「中枢神経」とそこから枝分かれして身体の末端に伸びる神経を「末梢神経」に分けられます。構造としては脳から脊髄が発生し、脊髄は背骨の中を頚椎〜お尻の付け根の仙骨まで通って下降します。坐骨神経は第4腰髄〜第3仙髄から枝分かれします。腰、お尻の付け根辺りからお尻の筋肉の中を通りそのまま太ももの後ろを膝裏まで下降していきます。膝裏まですると来ると次は「総腓骨神経」と「脛骨神経」に枝分かれします。総腓骨神経は膝裏から脛の外側そしてそのまま下降し足の甲、足先に伸びていきます。脛骨神経は膝裏からふくらはぎを下降し足裏、足先に伸びていきます。

hatena blog 参照

梨状筋症候群の原因と症状

原因

梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫することで症状を引き起こす梨状筋症候群。梨状筋が硬くなる原因は様々で、日常生活やスポーツなどで繰り返し負担がかかった場合や、股関節の異常による場合など多岐に亘りますが、はっきりとした原因が思い当たらないことも多くあります。

また、交通事故の後にお尻が痺れると訴える方もいます。腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合もありますが、梨状筋症候群の場合は、MRIで検査して異常がないからと言われて見過ごされてしまうケースもあります。この場合は、そもそも交通事故でお尻を強打したことが原因なので、MRIでは腰椎椎間板の異常は無くて当然となります。

症状

慢性の持続的な痛み、チクチク感、またはしびれが、最初に殿部に生じ、太ももとふくらはぎの裏側の全体に広がり、ときには足にまで及ぶことがあります。梨状筋が坐骨神経を圧迫すると、痛みが強くなります(トイレや車の座席に座ったとき、サドルの狭い自転車に乗ったとき、走っているときなど)

やまぐち整骨院東大阪院・やまぐちスポーツ整骨院上本町院・DTSスポーツ整骨院南森町院では
一般の方を含め
・バスケットボール
・サッカー
・ラグビー
・マラソン
・陸上(特に長距離)
・フットサル
・野球
・ソフトボール
・ダンス
・クラシックバレエ
・格闘技
・テニス
・チアダンス
・チアリーディング
・バレーボール
などスポーツで梨状筋症候群にお悩みの方に来院して頂いております。

当院の梨状筋症候群に対する施術

やまぐち整骨院東大阪院・やまぐちスポーツ整骨院上本町院・DTSスポーツ整骨院南森町院では、梨状筋症候群の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。
微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防も可能となります。
更に必要に応じて運動療法、トレーニングなど機能改善の施術も行っております。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。

また、交通事故に遭ってケガをされた方は自賠責保険の適用となり、窓口料金なしで施術できますので、軽い症状だからと決めつけず是非一度ご相談ください。