かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約

こんなお悩みはありませんか?

  • 野球の送球、投球時に肩に痛みがある
  • 野球の投球時、リリースの瞬間に肩の脱力感、痛みが走る
  • ボールを投げていると少しずつ痛みが強くなり投げることが出来なくなる
  • ボールを投げることが怖くなり全力で投球が出来ない
  • シャドーピッチングでは痛みはないが実際にボールを投げると肩が痛い
  • 投球後は寝ている時など安静にしていても肩がうずく
  • 軟式、硬式の競技種目が変わってから肩に痛みが出た

野球肩とは?

主に野球選手の投球動作の腕を大きく振る動きの来る返しで発症する為「野球肩」と呼ばれており、スポーツ障害の一つです。日常生活では発症することがほとんどなく、野球以外ではテニスやバドミントン、バレーボールなどのサーブやスマッシュ、水泳のバタフライ、クロールのように肩・腕を大きく使う動作のストレスにより発症します。
野球肩とは「野球による肩の痛みの総称」であり厳密には野球肩には様々な種類が存在します。
野球肩には「骨」、「筋肉」、「靱帯」、「腱」、「軟骨」、「関節包」など肩に存在する組織の損傷があり、損傷組織によって肩の前・横・後ろ、鋭い痛み・鈍い痛みなど症状も多岐にわたります。

野球肩の種類

1、 腱板損傷

腱板とは肩甲骨から上腕骨(腕の骨)にかけて付着している
棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋
の4つの筋肉の腱の複合組織を言います。
腱板は野球の投球動作などスポーツによって損傷するリスクが高く、4つの筋肉のストレスが腱板にかかり損傷や炎症を起こすことであります。
症状が悪化すると最悪の場合、腱板の部分断裂もしくは断裂、付着部の骨が剥がれるように骨折する剥離骨折に繋がるケースもあります。
オーバーユース(使いすぎ)による損傷がほとんどですが転倒時に直接肩を強打、ヘッドスライディング時などで急に損傷をきたすこともあります。

2、インピンジメント症候群

野球肩の中でも非常に発症率が高く、痛みによる運動制限がかかるのがインピンジメント症候群です。インピンジメントとは日本語にすると「衝突」という意味になります。
肩関節は受け皿である肩甲骨に骨頭がはまるように上腕骨が存在し構成されています。
その為、腕を上げるという動作は上腕骨だけではなく肩甲骨も同時に動くことで行うことが出来ます。
インピンジメント症候群は肩甲骨の動きが硬くなることで腕を上げたときに上腕骨と肩甲骨が衝突することを言います。
この時、骨同士がぶつかるのではなく、肩関節の中に存在する
「靭帯」、クッションの役割をしている「滑液包」、先ほど出てきた「腱板」などの組織が骨と骨に挟まれて発症します。
炎症や損傷だけではなく組織の断裂に繋がることもある非常に危険なケガとなります。

3、リトルリーガーショルダー(上腕骨骨端線離開)

リトルリーガーショルダーは成長期特有の野球肩の一つです。
子供の骨の端は完全にくっ付いているわけではなく、成長するために隙間がありこれを骨端線と言います。そこには骨の成長に必要な成長軟骨が存在しており、成長とともに軟骨が骨化し成人の骨に変わっていきます。
リトルリーガーショルダーはこの骨端線の隙間が過度の投球ストレスにより離開(隙間が大きくな)を起こすことを言います。リトルリーガーショルダーは痛みだけでなく成長障害を引き起こすリスクもある為、早急な処置が必要となります。

4、ルーズショルダー

ルーズショルダーは別名「動揺性肩関節症」とも呼ばれ、肩関節の安定性が欠落している状態を言います。
ルーズショルダーの原因は大きく分けて2パターン存在します。
「先天性」と「後天性」です。
先天性:生れつき、骨や周りの組織の構造的に肩関節が不安定になる状態です。例えば肩関節の肩甲骨の受け皿に部分が小さい、靭帯が緩いなどがあります。
この場合はトレーニングにより筋肉を鍛えるなどを行うことで安定性を向上させる必要があります。
後天性:野球などのスポーツにより肩を酷使することで骨折・靭帯損傷・筋肉損傷・脱臼など組織の損傷により肩関節が不安定になる状態です。
痛みはもちろん、投球時に肩の脱力感、フォロースルー期~リリース期に肩関節が抜けるような感覚があります。

上記が野球肩に多く見られる症状ですが肩関節には神経や靭帯、関節包、滑液包、筋肉などあらゆる組織が密集している為他にも様々なケガや症状があります。
野球肩は長期の運動制限が必要になるリスクもあるので野球肩でお悩みの方は自分の今の症状がどういう怪我の状態なのかを把握し、早急な処置が必要となります。

当院では
一般の方を含め
・野球
・テニス
・バレーボール
・ソフトボール
・ラクロス
・水泳
・ウエイトリフティング
・トランポリン
・ハンドボール
・ゴルフ
アメフト
などスポーツで野球肩にお悩みの方に来院して頂いております。

当院の野球肩に対する施術


野球肩の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。
微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防も可能となります。
更に必要に応じて運動療法、トレーニングなど機能改善の施術も行っております。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。