かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約

こんなお悩みはありませんか?

  • スポーツや部活の練習でランニングを続けていると膝のお皿の下または上が痛くなる
  • スポーツでジャンプをしようと踏み込んで膝に体重がかかった時に膝のお皿の下または上が痛い
  • スポーツでジャンプ後の着地の時に膝のお皿の下または上が痛い
  • トレーニングや日常生活でしゃがむと膝のお皿の下または上が痛い
  • 運動中、運動後の痛みが強く普通に歩くのも困難な状態になる
  • 安静にしているとマシになるが運動すると痛みが出てくる

ジャンパー膝とは

ジャンパー膝はスポーツの動きでジャンプやランニング、ダッシュなどによる膝の屈伸動作を長時間または高頻度で行うことで起きる膝のオーバーユーズによるスポーツ障害の一つです。
ジャンパー膝という名前はジャンプ動作の多いスポーツで膝が痛くなっている状態をさします。
正式名称は「膝蓋靭帯炎」や「大腿四頭筋腱炎」と呼ばれます。
実際にはジャンパー膝を発症している時、炎症や損傷している部位は膝のお皿の下にある「膝蓋靭帯」と膝のお皿の上にある「大腿四頭筋腱」というところになります。
ジャンパー膝では膝のお皿の下または上、症状が悪化すると両方に痛みが発生することがあります。二つの組織は特にジャンプした時の膝が伸びる動きや着地の膝が曲がった状態で体重がかかった時にストレスがかかる為、ジャンプ競技において頻発します。
10代~20代前半で特に好発します。まだ成長途中の成長期では骨の成長に筋肉の成長が追い付かず、筋肉にストレスがかかりやすい状態となります。その結果、筋肉の過緊張により柔軟性の低下を招き、運動による筋緊張が更にストレスとなり組織の損傷・炎症に繋がります。
ジャンパー膝、初期の段階では運動中含め日常生活での痛みは軽く、膝の動きが悪い・違和感がある・太ももの前がだるいなどはっきりとした症状があまりありません。その後進行していくと膝のお皿の上下に痛みが運動中に出てくる・腫れる・熱を持っている・触れるだけで激痛が走るなど明らかな炎症に伴う症状が現れます。
最悪の場合そのまま症状が進行していくと付着している骨の疲労骨折や膝蓋靭帯・大腿四頭筋付着部の断裂に繋がるケーズもあります。
症状が酷くなるとスポーツを休み安静にしていても日常生活での負担により痛みが治まらず長期間続くことがあります。
実際に当院でもジャンパー膝を発症してから数年たっても痛みが持続しておりスポーツが出来ないという状態で来院される方もいらっしゃいます。
現在の膝の状態を把握し適切な施術、処置を行うことで長期間続いている痛みでも改善します。

ジャンパー膝の原因は?

ジャンパー膝で炎症・損傷が起きる「大腿四頭筋」は骨盤の外側の突出している部分から膝のお皿を超えて脛の骨に付着します。股関節を曲げる、膝を伸ばす時に緊張します。
「膝蓋靭帯」は膝のお皿から脛の骨についており大腿四頭筋腱と共に付着している状態になっています。
膝蓋靭帯は筋肉のように自在に緊張をコントロール出来るわけではなく、膝の曲げ伸ばしにより伸びたり縮んだりします。主に膝蓋骨、膝関節の安定性を保持する役割があります。
ジャンパー膝では大腿四頭筋の柔軟性の低下や緊張のストレスが大腿四頭筋腱にかかり続け炎症・損傷を起こす「大腿四頭筋腱炎」もしくは
大腿四頭筋の柔軟性の低下により膝関節の動きが悪くなり膝蓋靭帯へストレスがかかり続け炎症・損傷を起こす「膝蓋靭帯炎」があります。
この二つの共通点は太ももの前の筋肉「大腿四頭筋の柔軟性の低下」というのが挙げられます。
大腿四頭筋は名前の通り四つの筋肉を総称して呼んでいます。
4つの筋肉が同時に働くことで股関節を曲げる、膝を伸ばすという大きな動きを可能にしていますが厳密には体を支えるという役割があります。
ジャンプの時、飛びたい方向に力を出せるのは飛ぶ瞬間に大腿四頭筋の働きにより体を安定させているからです。
もし大腿四頭筋の柔軟性が低下した場合、飛ぶときに身体が安定しない、膝の力が抜けた状態となります。その状態で運動を続けることで組織的に弱い腱や靭帯部に負担がかかりやすくなりジャンパー膝を発症します。
大腿四頭筋のストレッチやマッサージなどのケアはもちろん筋肉の活動に関係する股関節の柔軟性も重要となる怪我です。
しっかりと膝の痛みや大腿四頭筋の緊張が強くなっている、柔軟性が低下、股関節の柔軟性が低下している原因をつきとめ処置していくことが早期復帰に繋がります。

当院では
一般の方を含め
・バスケットボール
・サッカー
・ラグビー
・マラソン
・陸上(特に跳躍)
・フットサル
・野球
・ソフトボール
・ダンス
・クラシックバレエ
・格闘技
・テニス
・チアダンス
・チアリーディング
・バレーボール
などスポーツでジャンパー膝にお悩みの方に来院して頂いております。

当院のジャンパー膝に対する施術


ジャンパー膝の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。
微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防も可能となります。
更に必要に応じて運動療法、トレーニングなど機能改善の施術も行っております。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。