かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約

こんなお悩みはありませんか?

  • スポーツで走る、跳ぶなどの動作を繰り返していると踵に痛みが出る
  • 運動後、踵の痛み、腫れや熱を持ち歩くのも辛くなる
  • 寝起きや練習の合間の休憩後などの、動き出しに鋭い痛みが踵に出る
  • 踵を地面に着くと痛みがあるがつま先立ちで歩くと痛みがマシになる
  • 成長痛と言われ安静にしたが練習をすると踵に痛みがぶり返す
  • 運動をしていない安静時でもうずくようなズキズキする痛みがある

シーバー病とは?

シーバー病の正式名称は「踵骨骨端症」、踵の骨である「踵骨」に直接的な外力によるストレスまたは筋肉の緊張によるストレスが繰り返しかかるオーバーユース(使いすぎ)により発症するスポーツ障害です。
シーバー病の特徴は骨や筋肉など身体の組織が成熟していない、15歳程度までの小児に好発することから「成長痛」として認識されることが多い疾患です。
成長痛の認識としては成長が終われば痛みが治まるというのが一般的ですが、踵には成長に重要な組織が存在する為、安易な認識の下でスポーツ活動を行ってしまうと後遺症が残ることもあります。
踵骨は踵のちょうど丸みのある部分にある骨の名称ですが、成人ではこの骨は一つですが成長期ではもともと「踵骨軟骨」という骨の成長に必要な軟骨があり二つに分かれています。
「踵骨骨端」とは二つに分かれているうちの手で触れる丸い部分を指します。
踵骨骨端にはふくらはぎの筋肉から伸びているアキレス腱や足裏の筋肉が付着しており、筋肉の緊張は踵骨骨端にストレスを与えることになります。
更には踵骨骨端だけではなく隣接している踵骨軟骨(成長軟骨)にも炎症をきたすリスクも上がります。
スポーツでは特に踵に負担がかかりやすい、跳ぶ・走る・蹴るといった動作により踵に繋がる筋肉の緊張、踵への衝撃がきっかけで発症するケースがほとんどです。
その為、症状も状態が悪化するほど少しずつ進んでいきます。最初は踵の違和感やふくらはぎ、足裏の張り感・疲労感が現れ、進行するにつれて痛み・腫れ・発熱が酷くなり踵を地面に接地出来ないぐらい悪化するケースもあります。
最終的には踵骨骨端部の疲労骨折により成長障害に至ることもあるので症状によって適切な処置が必要となる疾患となります。

シーバー病の原因とは?

スポーツ障害であるシーバー病は一度の大きな外力で発症することは少なく、踵骨に対して繰り返しのストレスがかかることで発症します。
踵骨に対するストレスとなりえる原因は大きく「筋肉」「衝撃」の二つに分けることが出来ます。
踵骨は立っている状態で地面に接している部分であり、歩行時では踵が丸くなっていることで余計なブレーキがかからず前に進みやすい構造になっています。
しかし、スポーツでは前に進むだけでなく、急停止やジャンプの着地など踵骨に体重が乗る「衝撃」がかかることがあります。一回ずつの衝撃が大きくない場合でも繰り返し踵骨や成長軟骨にストレスをかけ続けてしまうことで発症することがあります。
踵骨にはふくらはぎの筋肉から繋がっている「アキレス腱」、足裏の指から踵骨に伸びている「足底腱膜」が付着しています。
スポーツの中でも特に瞬発的なダッシュやジャンプが必要となる競技ではこれら筋肉の緊張が強くなる為発症することが多くみられます。
本来、成人の骨は非常に頑丈に出来ている為、これらの外力に耐えられますが、成長期の柔軟性に富んだ柔らかい骨は筋肉の緊張や衝撃に耐えられずに炎症や損傷を起こしてしまいます。
しかし、成長期にスポーツをしている方が全員、発症するわけではありません。同じ競技、同じ体形、同じ運動量でも差は出ます。
シーバー病は最悪の場合、踵骨の疲労骨折にも繋がるリスクがあり、練習の長期離脱を要することにもなる為、原因の特定と処置が求められます。
当院では
一般の方を含め
・バスケットボール
・サッカー
・ラグビー
・マラソン
・陸上
・フットサル
・野球
・ソフトボール
・ダンス
・クラシックバレエ
・格闘技
・テニス
・水泳
・バレーボール
などスポーツでシーバー病にお悩みの方に来院して頂いております。

当院のシーバー病に対する施術


シーバー病の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。
微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。
更に必要に応じて運動療法など機能改善の施術も行っております。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。