1 2
お電話はこちらから
東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 谷町四丁目メディカル整体院 簡単ネット予約
谷町四丁目 電話予約 谷町四丁目メディカル整体院 簡単電話予約 やまぐちスポーツ整体院 簡単電話予約
東大阪市弥刀院 LINE 谷町四丁目 LINE 谷町四丁目メディカル整体院 LINE

骨盤を立てるとは?

こんにちは。大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐち整骨院です。   今回は「骨盤」についてです。 バレエでは よく骨盤を立てて!といった注意が飛びます。 注意を受けたことありませんか?   骨盤を立ててと言われても 具体的にどう改善すればよいのかよく分からないという方! 正しい骨盤の位置や、骨盤の動きの重要性について詳しくお話します。

骨盤を立てて!の注意の意味は?

骨盤を立てるとは、 骨盤を正しい位置に戻して。ということです。 バレエを踊る上で 骨盤は非常に重要な役割を担っています。 骨盤は脊椎や下半身を支える土台となっており、 正しい位置にあることで 美しい姿勢を維持し、バランスを保つことができます。   反り腰で 骨盤が前傾している場合、 また それとは逆に タックイン(お腹に力を入れて引き寄せすぎている)することで 骨盤が後傾している場合に 真っ直ぐな状態の骨盤に戻してという意味で 骨盤を立てるという言葉が使われています。   誰しも 立ち方の癖があるかと思います。 前重心が立ちやすかったり 後ろ重心がラクだったり、、、   しかしバレエを踊るとなると 骨盤が前にも後ろにも傾きたくないのです。 これは他のダンスでも共通です。  

バレエで骨盤を立てることのメリット

・ターンアウトしやすくなる ・バランスがとりやすい ・引き上げがしやすい ・膝、つま先が伸びる ・ルルべが高くなる   などなど。いいこと尽くしです。   骨盤は全身の骨の中心。あらゆる部分と繋がっている為、 骨盤を正しい位置に持っていくことで 他の部分でのお悩みが一気に改善されるのです。   逆にいうと 骨盤が立てられていないと 正しいテクニックで踊ることができません。   骨盤が立てられていないと、、、 ・ターンアウトができない ・体幹を支えられない ・足首が硬い ・膝が曲がる   などの デメリットが生じます。 特にターンアウトができないのは バレエを踊るのに 致命的です。   骨盤が正しい位置にいないと 股関節が固まってしまうため ターンアウトがしにくく、 足を上げる動きでも 可動域が制限されてしまいます。     骨盤の歪みを 別の筋肉で補って踊ることで 本来かかるはずのない 負担がかかり 疲労やケガに繋がるのです。   それほど、骨盤を立てることは踊る上で重要なのです。   では、どうすれば骨盤を正しい位置にできるのか? まずは正しい骨盤の位置を知りましょう!  

~実践~

①仰向けで寝て、両ひざを立てる ②両膝は揃える必要はありません、骨盤の広さを保ちましょう。 ③床から腰や背中が浮かないように 背中全面が床につくようにします。 (おへそが背中に近づくようなイメージです) ☆お腹を押し込んでしまうのではなく、お腹を短く背中を長く作るような意識をしましょう。   この床で作った姿勢が 骨盤の真っすぐが保たれた状態です。 この時のお腹の意識、立っているときにできていますか?   立つと感覚が分からなくなってしまう人、 そもそも床に背中前面がつかないという方は 骨盤周りの筋肉がうまく使えず固まってしまっている可能性があります。  

レッスン前に固まった筋肉をリセット!

①仰向けで寝ます ②両ひざを持ち上げて、床から膝・膝からつま先の角度が90度のところでキープします。 ③背中は先程と同じ、お腹を近づけてなるべく背中全体を床につけます ④その状態のまま膝を伸ばして戻し手を繰り返します。 体の内側の筋肉が動いている感覚があれば正解です。   また、普段の姿勢が 骨盤を立てることを邪魔している可能性も。 イスに座った時や、さらには床で体育座りをした時に 背中をピンと伸ばすことはできますか? 背中が斜め下に落ちる 猫背の状態が体に染みついたままでは いきなり骨盤を立てるのは難しい場合もあります。 まずは 普段から背筋を伸ばすことを意識しましょう。   骨盤の真っすぐの位置が理解できても その状態で踊るとなると 難しいものです。 踊っているうちに だんだん自分の癖がでて 骨盤の位置が戻ってしまうことも。   まずはバーレッスンで。 踊りながらも真っすぐな骨盤をキープできるように意識しましょう。   バーレッスンでは特に5番ポジションで 傾かない骨盤を作れるようにしたいです。   5番ポジションはバレエの基本ポジション。 あらゆる動きは5番ができていてこそ 成り立っています。 基本のポジションですが 完璧に習得するのはとても難しいとされています。   5番で立った時に 骨盤が左右どちらかに傾いていたり 上半身がねじれていませんか? その状態では 床を強く押して立つことができません。 そこから足を動かすことで さらに骨盤がずれてしまいます。   上半身がねじれてしまいやすい人は、 5番では無理に両足をぴったりと合わせる必要はありません。 自分のできる範囲でのアンディオールでいいので、 両足先のあいだに隙間があるのはそこまで気にする必要はないです。   それよりも注意したいのが 両足太もも・ふくらはぎ・足首の間に 隙間ができないこと。 また、5番にした時の後ろの足のつま先が前から見て見えないように しっかりクロスしましょう。  

まとめ

バレエを踊る上で 骨盤の位置が重要な役割を担っていること、 お分かりいただけましたでしょうか。 レッスン中、特にバーレッスンでは 骨盤がどの位置にあるのか、少し意識してみてください。   おへそがどの方向を向いているかで 骨盤の歪みを感じられますよ。   正しい骨盤の位置を意識することで 股関節の可動域が広くなり、 ターンアウトや、足が上がりやすくなります。   また、足を遠くに運ぶことができるので 踊りの幅も大きくなります。 無駄な筋肉を使わず、美しい体のラインを作ることができます。   自分の立ち方の癖を理解し、 日常生活から 美しい立ち姿勢を心がけてみてくださいね。    

バレエ整体なら大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐち整骨院へ

やまぐち整骨院東大阪院・やまぐち整骨院上本町院・DTSスポーツ整骨院南森町院では、バレエ整体の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。 微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。 微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。 即効性のある施術が可能となっております。 ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。 これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防も可能となります。 更に必要に応じて運動療法、トレーニングなど機能改善の施術も行っております。 日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。 症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。 やまぐち整骨院では数あるスポーツの中でも特に「バレエダンサー」のサポートに力を入れています。 バレエは特殊で繊細な身体の動きを必要とするため、少しの違和感や痛みがパフォーマンスに影響します。 当院のバレエ整体(スポーツ整体)の特徴は ①あなたのお悩みに合ったオーダーメイドの施術プラン ②身体の仕組みをわかりやすく解説 ③触診ではわからない体の問題点を最新の機器を用いて明らかにし根本的解決 ぜひ大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐち整骨院へご相談ください。 ご予約はこちらから(メニューはスポーツ整体をお選びください)