かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

こんなお悩みはありませんか?

・手の親指を動かしたり広げたりすると、親指側の関節が痛くなる

・手首の親指側が腫れて痛みが出る

・物をつかんで動かすと、手首の親指側が痛む

ドケルバン腱鞘炎とは

手首の親指側に痛みと腫れがでて、親指を伸ばしたり、曲げたりすると痛みが強くなります。
痛みが出る場所は第一コンパートメントという腱鞘部分で、その中は長母指外転筋腱と短母指伸筋腱という親指を動かす二つの腱が滑走しています。
腱鞘が肥厚すると腱の滑走が障害され炎症が起きます。

狭窄性腱鞘炎(ドゲルバン病)について | まちの整骨院グループ


ドケルバン病を起こしやすい人は、親指をよく使う人です。スマートフォンをよく使う人や、パソコンの操作、ギターやピアノなどの楽器演奏、スポーツをする人も起こりやすい傾向があります。特に手首の腱鞘に負担をかけるのが、手首を曲げながら親指を動かす動作です。
更年期の女性では、親指や手首を酷使していなくても起こることがあります。
原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンのバランスが乱れることで手がむくみやすくなることが、炎症と関係すると考えられています。
また、意外に多いのが、出産前後の女性です。出産後数か月の首のすわっていない赤ちゃんを、頭を支えながら抱っこしたり、抱き上げるときの姿勢が、手首の腱鞘に負担をかけるために起こりやすくなると考えられています。
また、糖尿病がある人も、手足の血流が悪くなっているためにむくみやすく、炎症が起こりやすいことがわかっています。
更年期の女性や糖尿病がある人は、ドケルバン病だけでなく、他の腱鞘炎や手の痛みも起こりやすいので、手の使いすぎには注意してください。

セルフチェック「アイヒホッフテスト(フィンケルシュタインテスト)

手首の親指側が痛む場合自分でできるセルフチェックがあります。

親指を他の指で隠すように握り、そのまま手首を小指のほうに傾けます。この動作が痛みのためにできない場合は、ドケルバン病の可能性があります。これは、実際に診断に使われているチェック方法です。
動作はできるけど軽い痛みを感じる場合、ドケルバン病である可能性は低いですが、無理に続けないようにしてください。

対処法

テーピング

テープで手を固定し、指や手首をなるべく動かさないようにして腱鞘炎の炎症を抑える方法です。腱鞘炎が軽症の場合は、テーピング施術が効果的です。

キネシオテープを使います。

 

親指の第一関節から痛みが出ているところに向かって張ります
青線のようにのテープがずれないように手首に一周します
③ ②
と同様にがずれないように端を一周します

 


症状が改善したのにまた痛くなってしまっては意味がありません。
再発予防の簡単にできる方法を紹介します。

できるだけ安静にする


腱鞘炎になってしまう主な原因は、「指や手の使いすぎ」です。そのため、手や指を安静にさせることで腱鞘炎を事前に防ぐことができます。
もし、『日頃からよく手を使うから難しい』といった場合は、12時間に一度、手を休ませてください。安静にできなくても、こうして少しずつでも休憩を取ることが腱鞘炎の予防に繋がってきます。

ストレッチをする

1.伸ばしたい側の手を正面にする
2.人差し指から小指までを、もう片方の手で掴んで10秒ほど反らす。
3.反対の手も同様に行う。

アイシング


手首に痛みがひどい時は痛いところを氷水で10分程度冷やすことにより、腱の炎症を抑えることが可能です。

当院でのドケルバン腱鞘炎に対する施術

やまぐち整骨院東大阪院・やまぐちスポーツ整骨院上本町院・DTSスポーツ整骨院南森町院ではドケルバン腱鞘炎の施術に関して独自の特殊な方法を用いて施術を行なっています。
微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いて施術を行います。
微弱電流機器は我々が触診では確認できない体内の電気信号を機器自体が読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
ハイトーン機器は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防も可能となります。
更に必要に応じて運動療法、トレーニングなど機能改善の施術も行っております。
日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。
症状によって来院回数、期間は異なりますので、いつでもお問い合わせ下さい。