マラソンランナー専門のスポーツ整体院【ハイチャージ療法の効果】

ミトコンドリアを活性化して持久力をつける

人間のエネルギーの系統は、瞬発力の解糖系と持続力のミトコンドリア系があります。

ミトコンドリア系はミトコンドリア内で酸素を用いて好気呼吸で解糖系の嫌気呼吸に比べてはるかに効率よくATPを得ることができます。解糖系は1分子のグルコースから2分子のATPを合成しますが、それに対してミトコンドリアはグルコース1分子から38分子のATPを合成できるため、エネルギー効率は明らかにミトコンドリア系が優れています。

この持久力に関わるミトコンドリアを活性化できるのがハイチャージです。運動などでもミトコンドリアの活性化は可能ですが、細胞の大きさに合わして電気により細胞自体を振動させることにより、効率よく活性化できるようです。

ハイチャージを受けることによりミトコンドリアを活性化させることによりエネルギーを効率よく作ることによって長時間走るマラソンにおいて、後半の息切れや疲労感がでにくくなります。あるサブスリーランナーの話では、35キロ付近の1番大変なところがいつもと違うと実感しやすいそうです。

ハイチャージはベッドの上で全身にねてしまうような心地よい電気を当てて寝転んでいるだけです

全身の施術

ハイチャージ施術例
  • 時間がない方→レース前日、前々日のどちらかに30分から60分 1度受けるだけでも効果はあります。
  • じっくり身体を変えたい方 30分週2回程度が目安です。
スポーツ競技まとめバナー指付き