かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

美しく手をつかう

バレエの腕の動きのことを ”ポールドブラ”といいます。
足にもポジションがあるのと同じで、腕にもポジションがあります。

基本の腕のポジション 

1、アンバー 2、アンナバン 3、アンオー

3つとも両肘を横に張って 丸い形を作ります。
このポジションをどの位置でするかで名前が変わります。

1、アンバーは 下
2、アンナバンは 体の前
3、アンオーは上

4、アラセゴン
手を体の横に広げたポジション。
アラセゴンは腕だけでなく足のポジションでも使われる言葉です。

 

しなやかで自由に見えるバレリーナの腕の動きですが、

この4つの基本の腕のポジションを必ず通っています。

 

手先だけの動きになってしまわないように

背中→二の腕→肘→指先の順番で動かすよう意識しましょう。

 

アンバーからアンナバン、アンナバンからアンオーに

位置を動かす時に形が変わってしまわないように注意しましょう。

 

特にアンナバンは ピルエットの際にも重要なポジションです。

アンバーで作った形よりも自分の体から遠ざけてしまうと

肩が正しいポジションよりも前にいき 軸が真っ直ぐ作れません。

逆に、肘を張って自分の体に近づけすぎても

肩が上がってしまいやすく、安定したバランスをとることは難しいです。

位置が変わっても 同じ形を意識します。

 

しなやかに美しく見せることができる手の動きですが、

使い方を間違えると 体の動きを邪魔してしまうこともあります。

正しいポジション、使い方を意識して 美しい踊りを目指しましょう。