かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

正しいプリエできていますか?

 

プリエはバレエでの動きと動きをつなぐ役割を担っています。

一つの動きの終わりのプリエが 同時に次の動きの準備のためのプリエとなります。

 

普段、上に高く飛んでくださいと言われたら

きっと誰でも必ず膝を屈伸して強く床を押して高く飛ぼうとするはずです。

自然と無意識でできるこの動きですが

バレエとなると なぜかプリエとジャンプが全くの別物になり

プリエの力が生かされていないジャンプやルルべになってしまいます。

 

 

では どうすればプリエの力を生かしたジャンプやルルべができるのか。

 

バーレッスンの際に、必ず1番ポジションでプリエからルべアップをしますよね。

このプリエをする時みなさんはどこを意識していますか?

 

アンディオール、膝の位置、お尻を出さない などなど、、

プリエ一つするにもたくさん考えることがあるバレエ、、、ですが考えすぎて頭が前傾してはいませんか?

バーを持っているからこそ冷静に自分の体と向き合うことができるのがバーレッスンです。

しかしバーを握りしめて 体がバーの方向に前傾してしまっては アンディオールもできません。

せっかくのレッスンなのに足の力を十分に使えていないということも。

 

前述したとおり プリエ一つするにも意識しなければいけないポイントはたくさんあります。

それらのポイントを 全部まとめて解決してくれるのが

「プリエをしたときに踵が浮かないようにする」ということです。

 

1番でも 5番でも(5番なら特に後ろの足) プリエの際に踵が無意識で浮いてしまっている方は

意外とたくさんいます。

 

それを一つ注意するだけで、

・足裏で床を押す力

・バーに前傾する姿勢

・つま先と膝の方向のねじれ

全て改善へと繋がります。

 

一つ一つ意識して直そうと思うのは とても難しいですよね。

頭ではわかっていてもなかなか体がついてきてくれないのが現実です。。。

まずは 踵をつける。これだけ意識することで 必ず正しいプリエを実現できます。

 

 

正しいプリエが分かれば ほかの動きへのつながりもスムーズになり、

無理なく もっと楽しくバレエを踊ることができますよ。