かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 東大阪市弥刀院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

ルルべで強く立つために

バレエのつま先立ちは2種類あります。

一つはポアント

トゥシューズの先端で、つま先で立った状態をいいます。

多くの人がバレエと聞いてぱっと思い描く立ち方はこちらです。

 

もう一つはルルべ

ルルべはバレエシューズでのつま先立ちのことを言います。

つま先ではなく指の腹で床を押して立つ 背伸びの状態です。

バレエを始めても足が十分に使えるようにならなければトゥシューズを履くことは許可されません。

ポアントできれいに立つためにはルルべで安定して立てることが条件となります。

 

 

 

ルルべで安定した立ち方をするのも、ポアントでつま先立ちをするのも

どちらにも共通して大切なことが 足指、足裏の使い方です。

 

足の指全体に力を入れて グーのように固めるようにして 力をそこで止めてしまうと

足の力が十分に使えずルルべで立っていることはできません。

ポアントでも同様に、その状態で無理に立っていようとすると 必ず膝が曲がってしまいます。

 

足の指は固めず 足の甲をスーッと伸ばし 5本の指は広げるようにしてルルべやポアントをしましょう。

ルルべでキープしたり、ポーズを作るときに本当に静止してはいけません。

静止しているように見える体でも ずっと各方向に力を継続して送り続けています。

 

 

また、まっすぐ床に力を送れていたとしても、力を送る開始地点が足の付け根からだけだと

上半身がグラグラしてしまいバランスが安定しません。

胸の下あたりから足がついているようなイメージで床に向かって力を送ると 重心も安定しバランスがとりやすい体になります。自然と体幹も鍛えられ、見た目においても まっすぐ体に一本軸の通った美しいラインを作ることができます。

 

さらに 安定したルルべを目指すためには、5本の指に同じだけ体重がかけられているかもポイントです。

骨盤が傾いていたり 背中をまっすぐに作れていない場合、小指のほうにバランスが流れ、

親指側が床から浮いてしまっていることが多いです。

踵→背中→後頭部→に向かって真っ直ぐ一本のラインで繋がっていることを意識し、5本の指を全部使い床を押しましょう。

 

無理にかかとを高く上げようとしないで、まずは一番でルルべをした時に

両足のかかとが内側にあることを意識します。

かかとの高さだけに気を取られる必要はありません。

内腿に意識ができている正しい足の使い方を目指せば自然と高いルルべへと繋がります。

 

トレーニング

自宅で足指の筋力を強化するにはタオルギャザーが効果的です。

・床にタオルを敷く

・足の指を使ってギャザーを作るように少しずつ手前に引き寄せる

 

 

ルルべは バレエの基本です。

正しい足の使い方を意識して より美しいルルべを目指しましょう。