サッカーの中継配信を無料で見る方法は?無料視聴できるサイトを紹介!│LIVEZERO(ライブゼロ)

 

今ではサッカーという競技は誰もが知っているスポーツとなり競技人口が年々増えて人気ですが、競技人口が多いとサッカーでよく起こるケガが増えていくのも当然でしょう。

今回はサッカーでおこる頻度の高いケガについてお話しします。

その前にサッカーというスポーツがどのように広まったのか簡単ではありますが紹介します。意外と知らない人が多いかもしれません。

 

サッカーの歴史

サッカーが全世界に広がったきっかけは、19世紀にイギリスで始まった産業革命です。

イングランドでルールが制定されたサッカーは、スコットランドやウェールズ、アイルランドなど近隣国と大会を繰り返し、これらの大会運営をスムーズにするためにサッカー協会が設立されました。

そして、「産業革命」をきっかけに、イギリスから多くの人が船に乗って全世界に渡り、サッカー協会を中心に大会を繰り返していたイギリスの人々はサッカーを全世界に広めていきます。

世界各地でサッカーはすぐに浸透。ボールさえあれば成り立つところが、全世界の人に浸透していった理由といえるでしょう。

1904年には、現在よく知られる「FIFA」国際サッカー連盟が誕生します。FIFAができた4年後の1908年にはオリンピックの正式競技に、そして1930年にはウルグアイで第1回目のワールドカップが開催されるなど、全世界で親しまれるスポーツとなりました。

 

オスグッドシュラッター病

サッカースポーツ障害 オスグット・シュラッター病 | がんばるわが子に10分ケア。パパママトレーナー

オスグッドシュラッター病はサッカーのほかに、バスケットボール、バレーボールなどの競技でもよくみられ、スポーツ活動を行なう活発な小・中学生、高校生に多く発生します。好発年齢はおよそ10才~15才くらいです。

痛む場所は膝のお皿の少し下、正常な人でもポコッと出っ張っている部分です。

ここは脛骨粗面といって、大きな太ももの筋肉である大腿四頭筋の腱が付着しているところです。

成長期の子どもでは、骨の成長にその周囲の筋肉の成長が追いつかず、バランスがうまく取れていない場合があります。その状態では筋肉に強度と柔軟性がないので、スポーツなどの運動を過度に行なうと、大腿四頭筋からつながる脛骨粗面部に負荷がかかり、軟骨が一部はがれるなどの物理的な刺激が生じます。

成長期の結節部は柔らかいために刺激がより加わり、熱っぽさや腫れなどの炎症を生じやすいです。

運動を休止すれば症状は緩和されますが、継続するとさらに悪化し、脛骨粗面部が隆起してきます。成長期を過ぎれば骨も硬くなりますので、症状はいったん軽快します。ただし、成人になって運動による強い力が膝に再び加わると(オーバーユース)、異常骨形成部に疼痛が発生することがあり、いわるオスグッド後遺症と呼ばれる症状がみられます。 症状が改善してもストレッチングは継続しましょう。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)とは?治療などについて解説 ...

サッカーなどのスポーツを中心に、鼠径部周辺には多様な原因で発生する各種の痛みがあり、本当の原因を特定しにくいため鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)と述べています。 鑑別障害に恥骨結合炎、大腿内転筋付着部炎、大腿直筋炎、腹直筋付着部炎、腸腰筋炎、鼠径ヘルニア(スポーツヘルニア)などが挙げられます。

グロインペイン症候群は、10~30代で、おもにサッカーやっている人に発症しやすい障害です。過去には、中田英寿選手や中山雅史選手、中村俊輔選手などの多くのサッカー選手が悩まされた症状です。恥骨に対する大きな負荷が原因で起こり、特にサッカー選手にとっては職業病といっても大げさではありません。サッカーが大半を占めますが、他には陸上競技中・長距離、ラグビー、ホッケー、ウェイトリフティング、バレエ、ダンスなどでも発生します。

 

原因は、下肢の外傷後や体幹から股関節にかけてスポーツによる使い過ぎなどによって筋力低下や柔軟性低下、拘縮が起こり、それが鼠径部周辺の痛みとなるといわれています。 キック動作やランニングやなどの繰り返しの運動によって、鼠径部、股関節周辺、骨盤にメカニカルなストレスが加わって炎症が生じ、痛みとなります。タックルなどで直接股関節周辺に打撲を受けた場合でも発生します。

股関節周辺の筋や関節の柔軟性(可動性)の低下

柔軟性(可動性)の低下によって骨盤を支える筋力(安定性)の低下を招き、不安定になる

体幹と下肢の動作が効率的に連動(協調)することができなくなることで機能が低下し、痛みが生じて、症状が慢性化

という流れが多く見受けられます。

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の症状としては、ランニング時や起き上がる動作、ボールを蹴る動作を行う際に腹部に力を入れたときに鼠径部や周辺に痛みが走ります。

初期症状では、全力で走るときや、ボールを蹴るときなど、限定的に痛みが生じますが、症状が悪化していくと、痛みが出る頻度が増えていき、軽い運動でも痛みがでるようになります。

グロインペイン症候群は、ひどくなると歩いているだけでも痛みが出るようになってしまいます。

 

急性期や発症後半年以内のものであれば、保存療法が第1選択です。痛みが強い場合は、約2週間のスポーツ休止が必要です。疼痛部位の局所安静(ランニング、キック禁止)、アイシング、時に温熱療法(ホットパック)などが用いられますが、長期的には運動療法が奏功します。 初期のリハビリテーションは股関節の外転可動域訓練、筋力強化、内転筋のストレッチングから開始して水中歩行、エアロバイクによる免荷訓練、その後ジョギング、2ヵ月でボールキック練習を行います。疼痛が消失したからといって、いたずらな早期復帰はかえって再発を繰り返します。慢性化すると長期間(2~3ヵ月以上)スポーツ休止を余儀なくされるので注意を要します。

予防法としては・・・

足首を捻挫などで痛めている場合は、体全体のバランスが崩れる恐れがあるので無理してプレーをしない

股関節周辺の可動域の低下や筋力の低下が生じたら早いうちに修正する

ウォームアップから、体幹と下肢を効率良く連動させるように協調運動を行い、股関節だけの動作はさける

休み明けに発症しやすいので、休み明けには意識的に協調運動を取り入れたウォームアップを

当院での施術

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

 

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG