野球選手に多い「野球肩」とは

野球 子供の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

「野球肩」といった言葉を聞いたことがある人は多いように思います。野球肩の症状とは、野球の投球動作によって発症した肩の痛みの総称で、オーバー・ユーズ(使い過ぎ)等で徐々に発症する場合が多いです。

野球肩の種類の種類は・・・

インピンジメント症候群

腱板損傷

リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)

関節唇損傷

などがあります。

それぞれ痛みのでる箇所など違いがありますので一つずつ分けて紹介していきます。

インピンジメント症候群

所沢駅の整形外科|所沢あかだ整形外科|肩詳細

インピンジメント症候群の「インピンジメント」というのは、『衝突』という意味です。 肩関節を動かす際に、関節付近で他の骨や筋肉との衝突が生じることによって、組織の損傷が起こって痛みが生じる病気です。

投球動作におけるインピンジメントは以下の二つがあります。

関節内インピンジメント

レイトコッキング期(非投球側の足が着地し、肩、体幹、股関節が最大限しなるまで)からアクセラレーション期(投げる方の肩が最大外旋から加速しボールをリリースするまで)にかけて生じる

肩峰下インピンジメント

フォロースルー期(肩、体幹、股関節が最大限しなってから、ボールが手から離れて投球動作が終わるまで)にかけて生じる

リトルリーグショルダーに比べ、高校生・大学生・社会人選手にみられます。肩関節の筋力低下や可動域制限、肩関節以外の機能不全により、投球時の引っかかり感や痛みなどが生じます。

インピンジメント症候群は使い過ぎ(オーバーユース)や不良な投球動作で生じ、下半身や体幹の柔軟性低下や筋力低下などが原因となっている場合もあります。疼痛や試合日程に合わせ、安静指示や投球の中止・制限を行い、疼痛の改善や競技復帰を目指します。

腱板損傷

腱板断裂 – おおつか整形外科BLOG

肩関節には、腱板という小さな筋肉が複数あり投球動作時に肩関節を安定させるために必要な筋肉があります。「インナーマッスル」と呼ばれるほうが多いかもしれません。

不良な投球動作や過剰な投球回数によって負担が大きくなるとこの筋肉に小さな損傷が生じます。

レントゲンでは異常を発見できませんが、症状や超音波エコー検査や、MRI検査にて筋肉の損傷が確認できます。また、肩を真横から上げようとすると途中で引っかかるような痛みが生じることが多いことも特徴です。治療としては、単に傷んだ筋肉を鍛えるのではなく、姿勢や肩甲骨の動きの改善を中心に行い、投球フォームを改善につなげていきます。損傷が大きくなる前に適切な施術が必要になります。

リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)

スポーツ中の痛みでお困りの方 : 井出整形外科内科クリニック

リトルリーガーズショルダーとは、肩関節における上腕骨の骨端線(成長軟骨)の損傷のことで、小・中学生の野球等による投球動作で最も多く見られる肩のスポーツ障害です。

高校生や成人の場合は投球の際に筋肉や靭帯に負担がかかりますが、成長期の子供の場合は柔らかい成長軟骨の部分に肩関節の内転・内旋・伸展動作で引っ張る力と捻る力が加わって骨端線が離開します。

原因は投球のフォームや回数のほかに肩関節や肩甲骨の動きが悪いこと、体幹や下半身の柔軟性が低いことが挙げられます。

レントゲン検査で健側と比較すると診断できます。

治療は離開の程度が強い場合は手術が必要になることもありますが、ほとんどの場合は程度は軽く数ヶ月の間、投球動作を中止することで後遺症なく治癒します。しかしその間も投球以外の練習は継続し、治療中に投球フォームの修正や理学療法による肩関節周囲・全身のストレッチ、体幹筋力の強化などの基礎的な身体作りを行いましょう。

関節唇損傷(肩関節上方関節唇損傷=SLAP損傷)

SLAP損傷 (上方関節唇損傷) | 済生会

上方関節唇損傷(SLAP損傷)とは、投球動作などを反復することによって上腕二頭筋長頭腱に負荷がかかり、関節唇の付着部が剥がれてしまう状態を指します。

また、腕を伸ばした状態で転倒した際に上腕骨頭の亜脱臼に合併してSLAP損傷が生じることや、交通事故などの外傷性機序で発症することがあります。野球では、スライディングで手をついたり、肩を捻った時に発症することがあります。

投球動作では減速期およびフォロースルー期(肩、体幹、股関節が最大限しなってから、ボールが手から離れて投球動作が終わるまで)に上腕二頭筋が引っ張られる力によってSLAP損傷が生じることも考えられています。

当院での施術

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG