ダンサー

ダンサーに多い腰痛、その原因とは?

ダンスの練習中・コンテスト・大会中・舞台などで踊っている時に腰痛にお悩みではないでしょうか?

・ブレイクダンスのチェアーやパワームーブで腰をそったり捻った時に痛みがある
・ポールダンスのニーホールドやスターゲイザーなど腰の筋力で身体を支えたり、腰をそらすと痛みがある
・社交ダンスのフィガーのステップや腰をそらす技で痛みがある
・ベリーダンスやフラダンスの骨盤の継続的な動きで痛みがある
・日本舞踊の足運びや舞・踊・振の動きで腰に痛みがある
上記の内容はほんの一部であり、「ダンス」というジャンルはパートナーがいたり、道具を使ったり自分の身体一つで行ったり、状況や種類はたくさんあります。
あらゆるダンスの中でも共通で多い怪我に「腰痛」があります。腰痛にもぎっくり腰のようにその場で動けなくなるものから軽度のものまでありますが「自分の身体が資本」になるダンスではパフォーマンス低下の要因の一つになります。
特にダンスにおいて腰部は重要でどの技や動作においても起点となる為、少しでも痛み違和感があると練習を中断を避けれない状態になることもあります。
腰痛は改善してからの経過も負担がかかり続けると悪く、「筋肉の緊張感が残る」「股関節から下半身に力が入りにくい」などダンスに支障がでる場合も多く見られます。
しかしダンスの競技者の方の多くは腰に何らかのストレスを抱えながら行っています。腰部に関係する筋肉や組織は非常に複雑なためなぜストレスがかかっているのか厳密に見ていく必要があります。
当院では高性能の最新機器を使用し頻繁に起きる急激な腰痛が再発しない身体、現在抱えている腰痛に関して改善する施術の提供を行っています。
本記事では
・腰痛の原因
・セルフケア方法
・当院での施術方法

について解説していきます。
現在、ダンスで腰痛に悩まれている方や当院への受診を検討されている方はぜひ参考にして下さい。

当院にもダンスで腰を痛められた選手が多数来院または相談を受けています。
当院では様々なレベル・種目のダンサーの方に来て頂いています。
ジャズダンス、ブレイクダンス、KPOPダンス、フラダンス、ポールダンス、ベリーダンス、タップダンス、社交ダンス、日本舞踊、伝統舞踊
プロのダンサー、講師をしているダンサー、有名テーマパークのパフォーマー、海外留学を目指しているダンサー、ミュージカルを目指しているダンサー、プロを目指しているダンサー、趣味のダンサー、ポールスポーツの世界大会チャンピョン、学生のダンサー、全国大会常連高のダンサーなど

ダンサーに多い腰痛、原因とは?

腰痛

ダンスで起きる腰痛、特に痛み始めてから時間の経過が長ければ長いほど痛みのメカニズムは複雑で原因の特定が困難になることが多いです。
しかし、腰の筋肉や組織に痛みが出るほどのストレスがかかってることは間違いなく、このストレスの原因を明確にしなければなりません。

ますは腰周辺に付着する筋肉の解説をしていきます。

【腰に付着する筋肉】

筋肉
腸腰筋・腰方形筋
筋肉
脊柱起立筋
筋肉
広背筋
筋肉
内・外腹斜筋、腹横筋

・腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)…股関節の前から腰に付着する
・腰方形筋…骨盤から肋骨に付着する
・脊柱起立筋…頸椎〜骨盤まで背骨に付着している複数の筋肉
・広背筋…腰から上腕骨に付着する
・腹筋(内・外腹斜筋、腹横筋)…お腹の横から腰にかけて付着する

筋肉が原因で腰痛発症する場合は
・急激な力がストレスが加わった時に「肉離れ」を起こし痛める
・腰の筋肉に繰り返しのストレスがかかり続けることによる「オーバーユース(使いすぎ)」
によるものが挙げられます。

腰に付着している筋肉は上記で挙げたように、「股関節の前方」「腹筋」「上腕骨」「背中や首」に付着する筋肉など上半身と下半身の連結部になります。
急性腰痛(ぎっくり腰)で筋肉の肉離れの場合は損傷部に痛みがある為、原因の特定が比較的容易ですが、慢性的な腰痛はこれら筋肉の働きを考慮しなければなりません。

逆立ちになる技では「広背筋」の緊張、股関節を曲げる技では「腸腰筋」の緊張、腰を捻る技では「腹斜筋・腹横筋」の緊張、腰をそらす技では「脊柱起立筋・腰方形筋」の緊張により腰にストレスを与えます。
日本舞踊では足運びでは中腰の状態や股関節から腰部への負担が比較的多く見られます。
まずはどの動きの繰り返しで痛みが出てくるのか、そしてどの辺りに痛みが発生するのかしっかりと腰痛の状況を把握していきます。
ダンスでは腰に必ずストレスがかかります、しかしどの筋肉の働きで痛みが出ているのかがわかればセルフケア・施術で改善していくことが可能となります。

【腰に存在する骨・神経・靭帯】

腰椎
腰椎
骨盤
骨盤
靭帯
靭帯
椎間板
椎間板

・腰椎…背骨の腰に当たる部分
・骨盤
・前縦靭帯、後縦靭帯、黄色靭帯、横突間靭帯、棘上靭帯…背骨同士がバラバラに動かないように繋いでいる靭帯
・脊髄…背骨の中央は脳から腰まで空洞でトンネルのようになっており脳から脊髄が下降してきている
・椎間板…背骨同士が衝突しないようにする為のクッション

腰には股関節と中継役になっている「骨盤」、下半身の感覚や運動を支配している中枢神経「脊髄」など非常に重要な組織が存在します。

・腰椎疲労骨折
・腰椎椎間板ヘルニア
・靭帯損傷または断裂
・骨盤骨折
などが挙げられます。
特にダンスでは腰痛椎間板ヘルニアの発症率が高く、ヘルニアは急激な椎間板への外力がかかる時に発症するのはもちろん、繰り返しの外力でも発症する神経障害です。
腰痛による下半身の脱力感や痺れ、感覚異常はこの腰椎椎間板ヘルニアを起因とした「坐骨神経痛」などの症状の可能性があります。

ヘルニア椎間板ヘルニアは背骨同士が接触し、損傷しないようにあるクッション「椎間板」が損傷し中枢神経である「脊髄」を圧迫してしまう状態を言います。
ダンスでは腰部への過度の衝撃が多いため、頻発する症状の一つです。
椎間板ヘルニアは神経を圧迫するため、腰痛はもちろん、神経障害をきたす為、下半身に力が入りにくくなります。
結果的に筋力低下や柔軟性の低下を引き起こし、更に腰痛を悪化させる恐れがあります。
初期の状態ではセルフケアでの改善も見込めるため、腰痛+下半身の症状がある場合は早急に対処する必要があります。

セルフケア

ダンサーのセルフケアに関しては競技的にもともと関節の柔軟性が高い選手がほとんどな為、出来ればストレッチポールを使用することで効果が高くなります。ストレッチポールがなければバスタオルを丸めるなど代用しましょう。

【腸腰筋のストレッチ】
ストレッチ

ストレッチする側の足を伸ばし股関節の前にストレッチポールが当たるようにします。逆足はストレッチポールをまたいだ状態で着きます。
この状態で股関節、お腹あたりを伸ばすように状態を起こします。
伸びたのを感じたらストレッチポーツを行ったり来たり転がし股関節の前をマッサージします。

【腰部のストレッチ】
ストレッチ

手のひらを下に状態でポールに手を置きます。ポールを体側に引くときは腰を丸めてお腹を凹ますように、押すときは身体の前面を地面に近づけるように押していきます。
次は手のひらを上に向けて繰り返していきます。

【広背筋のストレッチとマッサージ】
ストレッチ

横向きで寝た状態で脇のストレッチポールを置きます。
脇には広背筋だけでなく肩甲骨の動きに関わる筋肉も付着しており、体重を下かけたときに痛みがきつずぎるようであれば逆の手で体を少し支えます。
ストレッチする側の手を床に向けストレッチポールを動かします。その後手の向きを天井側へと変えて転がしていきます。

ダンサーに対する当院での施術

当院ではダンサーに特化した整体や施術、トレーニングを行っております。
詳細につきましては下記のリンクからご覧ください。

ダンス整体

現在お悩みの腰痛を改善し、しっかりパフォーマンスを発揮できるように対応させていただきます。

当院でのダンスの怪我・スポーツ障害ヘの施術と整体について

ダンスの怪我・スポーツ障害を解決するために、当院では独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
柔軟性、筋肉のトレーニングを自宅でも行える形でなおかつオリジナルの内容となります。

整体…「ひもトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

怪我・スポーツ障害は早期に対処、解決することが何より重要です!

症状によって来院回数、期間は異なりますので「あなたのお困りの症状について」お気軽にお問い合わせ下さい。

 

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG