ダンス

ダンスの練習中・コンテスト・大会中・舞台などで踊っている時にこのような症状でお悩みではないでしょうか?

・慢性的に踊っている時に腰や股関節が痛くなる
・踊っている時にスネや膝関節など下半身の関節や筋肉に痛みがある
・よく肉離れ、足首を捻挫してしまう
・踊っている時に背中のはり感や首の痛みがある
・ダンスの技で手で体を支えたり、つま先に体重を乗せると手首や足指の付け根に痛みがある
・身体の疲労感が取れず思うように身体が動かせず表現力が低下している
ダンス」というジャンルは幅広く様々な種目、技、ポジションなどがあります。この中で共通点があり、それは「自分の身体で表現する」という点です。道具を使うものでもその道具を操るのは自分自身。
そしてそれを評価するのもまた人であり、自分の個性や表現力が大切になってきます。
身体の不調や怪我、障害などは自分の身体を最大限に動かし表現する為の妨げになることがあります。
しかし、身体の不調やパフォーマンスの低下には原因があります、無駄な力が入っていたり、効率の悪い動きになっているかもしれない。
調子が悪いと言うのは全てがマイナスではなく、原因を探し改善してくことで更に自分の身体のポテンシャルが上がります。
当院では身体の不調を取り除くとともに以前よりパフォーマンスが上がるような施術も行っています。
ダンスにはアクシデントによる突発的な怪我もあります。
ぎっくり腰、骨折、脱臼、捻挫、肉離れなど身体をフルに使う競技だからこそどこに発生してもおかしくはありません。
これらの怪我は出来るだけ早急に改善し、練習に復帰することが目的となります。
これらの怪我に関しては改善後も違和感や動きの不良が残らないようにかつ早く改善する為に施術を行なっていきます。
当院には
・大会までに怪我を出来るだけ早く改善させて間に合わせたい
・より高いパフォーマンスが出来るように調整したい
・慢性的な身体の疲労を取り除きたい
・効率のいいトレーニング方法を教えて欲しい
など様々な目的を持ったダンサーの方に来院・相談を受けております。
当記事ではダンサーに対する一連の施術の流れを記載させて頂きます。
現在当院への来院を考えられている方はぜひ参考にしてみて下さい。
当院では様々なレベル・種目のダンサーの方に来て頂いています。
ジャズダンス、ブレイクダンス、KPOPダンス、フラダンス、ポールダンス、ベリーダンス、タップダンス、社交ダンス、日本舞踊、伝統舞踊
プロのダンサー、講師をしているダンサー、有名テーマパークのパフォーマー、海外留学を目指しているダンサー、ミュージカルを目指しているダンサー、プロを目指しているダンサー、趣味のダンサー、ポールスポーツの世界大会チャンピョン、学生のダンサー、全国大会常連高のダンサーなど

ダンサー解剖学

当院には骨模型やダンス解剖学の本だけではなく、「ヒューマン・アナトミー・アトラス」というアプリを導入しております。

写真のように実際には3Dになっており、筋肉、骨、人体、神経、内臓など身体の解剖学を全て見ることのできるアプリとなっております。
このアプリを使用することで現在抱えている痛みなどの症状がどのような原理で発生しているのか、
パフォーマンスが発揮できていない、目標とする動きが出来ない原因がどこにあるのかを細かく解剖学を交えて説明させて頂くことが可能となっております。
例えばダンサーに多い症状「股関節痛
股関節
股関節痛はどの種目の踊りでも共通で痛みを抱えてることの多い部位の一つです。股関節周辺の筋肉には股関節を動かす役割はもちろん「腰部」の動きや「不安定な状態でバランスを取る」という役割があります。
空中での動き、ジャンプの着地の衝撃、バク転や側転などの動き、立ちしゃがみの連続、中腰での技など
体幹との動きの連動性もある為、股関節の動きの不調はパフォーマンスに大きく影響します。
ダンスでは欠かせない動きで股関節に負担をかけるのは必然です。しかし、痛みが出るほど一部の組織に負担がかかっている状態は身体全体を効率よく使えていないということになります。
柔軟性はもちろん、バランス感覚・空間認識感覚など自分の身体が実際にはどういう風に動いているか認知する感覚も必要になります。

股関節痛では痛みの出る動き・場所・タイミングなどあらゆる状況を考慮し実際にどの筋肉を損傷しているまたは極端に負担がかかっているのかを特定する必要があります。
特定出来た後は実際にその組織がどういう役割を担っており、どこに存在するかを診ていきます。
このようにまずは解剖的なことを理解して頂くことでより具体的な目標を設定し、目標に向けて様々なトレーニングや施術を行なっていきます。

ダンサートレーニング

ダンサーへのトレーニングではダンベルなどの重りを使った高負荷なトレーニングはほとんど行いません。

ダンス

ダンスではパートナーがいたりポールや道具を使ったり、アクロバットな動きが必要であったりあらゆる状況を想定したトレーニングが必要になってきます。
更に日本舞踊のように非常に繊細で緻密かつ感覚的な踊りもあります。
これらの共通点は力の入れる瞬間と力を抜いた滑らかな動き両方必要だということです。
フリーズやホールドと呼ぶあるポーズのまま一瞬動きを止めたり、動きの流れるような切り替えなど。
この時に筋力だけで無理やり動いてしまうのか「肩甲骨や骨盤の動きの連動性」「体幹バランス」「効率のいい滑らかな動き」など身体の構造を理解した上で適切な動作が行えるかでは大きな違いがあります。
このようなことを理解しトレーニングを行うことで怪我のしにくい動き、空間を大きく使った滑らかで力強いパフォーマンスが可能となります。

当院で採用しているトレーニング方法は
繊細な動きや重心移動をトレーニングする為に「バランスボード」「バランスクッション
力の入れ方、抜き方、しなやかな動きをトレーニングする為に「ヒモトレ」を使用し行っていきます。

バランスボードでは現在の自分の重心移動や左右前後のバランス感覚を把握することも可能で、現状を知った上で苦手なものを集中的にトレーニングすることでパフォーマンスの向上・安定性を手に入れる事ができます。
しっかりとアンバランスな状態でも重心をコントロールするトレーニングを行います。

ヒモトレは手や足につけながら行います、意識したいとこに掛けながら動かしたり、動きを制限することでインナーの部分に刺激が入るようにトレーニングを行います。
特にダンサーに必要な肩甲骨・股関節の可動域体幹の動き、骨盤の動きなど身体の中心部つまり体幹周りのトレーニングにも使用していきます。
これらのトレーニングを織り交ぜ、皆さんの抱えている悩みを解決させて頂きます。

ダンサー整体

当院では上記のオリジナルトレーニングだ絵ではなくダンサーに特化した整体も行っています。

現在の練習量・練習中の動きの内容など振付なども各学校やチーム、種目でそれぞれ違う為、しっかりと動きを把握したうえで内容を決めていきます。大会前などの調整も含め、ご本人様の目的に合わせて整体内容が変わります。

当院での施術・整体は極力、練習を完全にストップすることなく続けながら、来ていただける頻度に合わせた施術を行い症状を解決する方法をとっています。

施術には微弱電流「アキュスコープ」「マイオパルス」、ハイトーン機器「ハイチャージ」を用いた早期回復に特化した方法を取り入れております。

施術内容に関しての問い合わせは随意受け付けておりますのでいつでもお問い合わせください。

当院でのダンサーヘの施術と整体について

パフォーマンス向上・怪我の早期回復の為、当院では独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
柔軟性、筋肉のトレーニングを自宅でも行える形でなおかつオリジナルの内容となります。

整体…「ひもトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

怪我・スポーツ障害は早期に対処、解決することが何より重要です!

症状によって来院回数、期間は異なりますので「あなたのお困りの症状について」お気軽にお問い合わせ下さい。

 

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG