怪我

チアリーディングによる肉離れ、肉離れとはどういう状態?

チアリーディングの練習中、演技中に起きた肉離れについてお困りではないでしょうか?
・チアリーディングの演技で開脚や転回など筋肉が伸びた時に急に痛くなった
・ベース、バックスポッターがスタンツ、ピラミッドで選手を持ち上げようと急に力を入れた時に痛くなった
・チアリーディングの演技中、筋肉痛のような痛みが続いている
・肉離れをしてから時間がたっても痛みが取れず練習が出来ない
・肉離れをしてから筋肉が硬くなり柔軟性が低下した
・同じ部位の肉離れを何度も繰り返している
チアリーディングの演技中に多い怪我として「肉離れ」があります。チアリーディングのようなダンス、タンブリングは柔軟性、スタンツでは筋力が必要な場合どのような状況でも肉離れのリスクがあります。
肉離れには演技中、動けないほどの急激な痛みから演技は継続できる程度の痛みのものまで症状が幅広く存在します。しかし軽度な症状にも中には痛みが取れない状態が続いている方も多くいらっしゃいます。
筋肉の損傷は内出血を伴うため、現在筋肉の痛みや肉離れにお困りの方は怪我の状態を把握し正しい処置を行わなければなりません。
肉離れは一般的にも認知されている怪我ではあるものの実際にどのタイミングでリハビリをどのように行うべきか分からないこともあります。
本記事では
・肉離れのメカニズム
・肉離れに対するリハビリ
・当院での施術方法
について解説していきます。
現在、チアリーディングにより肉離れを発症し悩まれている方や当院への受診を検討されている方はぜひ参考にして下さい。
当院にもチアリーディングの演技中に肉離れを発症した選手の方に多数来院または相談を受けています。予定していた復帰よりも半分以下のスピードで復帰したり、練習を休まず改善した実績も多数あります。
当院では様々なレベルで活躍されているチアリーディングの選手の方に来て頂いております。
高校生全国大会出場ダンサー・全国大会常連校のダンサー・外部のスクールに通われているダンサー・大学の部活、サークルで活動中のダンサー、中学生のクラブで活動中のダンサー・リアリーディングをメインにヨガやピラティスなどを併用して行っているダンサーなど

チアリーディングの肉離れ、肉離れとはどういう状態?

肉離れ

肉離れという名前は一般的な呼び方で正式名称は「筋挫傷(きんざしょう)」と言います。肉離れの状態とは筋肉を構成している「筋繊維」や筋肉を覆っている膜「筋膜」の部分損傷もしくは完全に断裂をしている状態を指します。
肉離れとは完全に筋肉の連続性が絶たれ切れておらず損傷程度でも肉離れと判断されます。

まず肉離れを起こすメカニズムの前に筋肉の構造や働きについてお話ししていきます。

筋肉

筋肉というのは筋繊維という繊維状の組織が束になって出来ています。最小単位は「筋原繊維」と言います。筋原繊維が束になり「筋繊維」、筋繊維が束になり「筋繊維束」になり筋繊維束が集まり「筋肉」という名称になります。更に筋肉は「筋膜」という膜に包まれて保護されています。
これら繊維の太さは均等ではなく、違いがあります。この線維同士が滑走することで筋肉に収縮という動きが発生し動くことができます。
このように細かい繊維と細胞から構成されることで非常に繊細で細かい動きが可能となります。

筋肉
筋肉
筋肉は顔に存在する表情筋などの例外を除いては関節をまたいで骨から骨に付着しています。そうすることで収縮つまり筋肉に力が入り縮むと関節が曲がったり、伸びたり、捻れたりなどの動きが可能となります。
筋肉の付着部は片方が「起始」片方が「停止」と呼ばれ筋肉が収縮するときは停止部が起始の方に近ずくように動きます。
そして一つ一つの筋肉が収縮するシステムも非常に効率のいい仕組みになっております。
例えばチアリーディングの演技中、アクロバットな動きや空中での技、選手を持ち上げる時一つ一つの筋肉を意識して動かしいるでしょうか?
我々が行いたい行動を実現してくれいるのは脳の働きによるものです。
図のように5キロの重りを持つ時も、目からの情報や持ち上げるときに重さを感じる触覚からの情報をもとに脳が必要な筋肉に力を入れるように命令を出すことで持ち上げることが出来ます。
練習前にウォーミングアップを行う理由の一つとして体を円滑に動かす為にあらゆる筋肉に命令を伝達がスムーズに行えるようにする為です。
チアリーディングにおいても関節一つ動かすにしてもこれだけの組織があらゆる状況に対して瞬時に活動することで結果として複雑な動きが可能となります。

肉離れが起きるメカニズム

筋肉
筋肉
肉離れ

肉離れのメカニズムは収縮する仕組みにあります。本来筋肉の収縮は先程の説明でもあったように停止部が起始部に近づくつまり一方向に発生します。
しかし肉離れを起こすときは何らかの原因で停止部と起始部が互いに引き合うような力が急にかかった時に発生しやすいと言われています。

特に指先や顔まわりなど小さい筋肉には肉離れは発生しにくく、太ももやふくらはぎなど出力が高く大きな筋肉に好発します。

肉離れが起きやすい場所はちょうど腱と筋肉の移行部で組織的に細く急激な力に弱い場所になります。
肉離れは組織の損傷がある場所に痛みが出る為、損傷部の判断は比較的分かりやすいですが筋肉にも厚みがある為、正確な判断が必要になります。

肉離れの原因

肉離れはほとんどが急性外傷で演技中の急激な動きの中で発症します。
肉離れの原因として挙げられるのが

・筋肉の柔軟性の低下
・関節の可動域の減少
・練習前のウォーミングアップ不足
・バランス能力の低下
・筋肉疲労の蓄積
などが挙げられます。
これらの原因は筋肉の円滑な収縮の妨げとなり肉離れのリスクを増加させることになります。
肉離れは症状によって分類されています。
Ⅰ型(軽傷):腱・筋膜に損傷がなく、筋肉内に出血を認める(出血型)
Ⅱ型(中等症):筋腱移行部の損傷を認めるが、完全断裂・付着部の裂離を認めない(筋腱移行部損傷型)
Ⅲ型(重症):筋腱の短縮を伴う腱の完全断裂または付着部裂離(筋腱付着部損傷型)

肉離れに対するリハビリ

肉離れの修復過程としては損傷した傷口が仮の組織である「瘢痕組織(はんこんそしき)」という組織が埋めていきます。皮膚で言うところのかさぶたのような組織です。
この瘢痕組織は元の筋肉の繊維より柔軟性がなく、耐久力も低下しています。
Ⅰ型・Ⅱ型では3日〜7日ほどで瘢痕組織が形成されます、この組織が形成されている最中に無理に動かしてしまうと瘢痕組織形成の遅れや筋肉組織への修復が遅くなることがあります。
リハビリの目安としては受傷直後の鋭い痛みが軽減し、筋肉に張り感・だる痛さが出てきた段階で軽いストレッチや関節の運動を始めていきましょう。
あまりに安静期間が長すぎるとチアリーディングへの復帰が遅れる原因にもなります。
無理のない範囲で出来るだけ早い段階からリハビリを始めていきましょう。

チアリーディングに対する当院での施術

当院ではチアリーディングに特化した整体や施術、トレーニングを行っております。
当院で扱っている微弱電流機器は瘢痕組織形成の促進、筋肉修復の促進が可能で今までも実績のある施術方法となります。
詳細につきましては下記のリンクからご覧ください。

チアリーディング整体

現在お悩みの腰痛を改善し、しっかりパフォーマンスを発揮できるように対応させていただきます。

当院でのチアリーディングの怪我・スポーツ障害ヘの施術と整体について

チアリーディングの怪我・スポーツ障害を解決するために、当院では独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
柔軟性、筋肉のトレーニングを自宅でも行える形でなおかつオリジナルの内容となります。

整体…「ひもトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

怪我・スポーツ障害は早期に対処、解決することが何より重要です!

症状によって来院回数、期間は異なりますので「あなたのお困りの症状について」お気軽にお問い合わせ下さい。

 

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG