バスケットボールにおける怪我・スポーツ障害への施術

近畿圏内、主に大阪・京都を中心に社会人・大学・小学生、全国出場中学・高校そして全国中学スケットボール優勝校のトレーナーの経験からバスケットボールにおける怪我・スポーツ障害について説明させていただきます。

まずはバスケットボールという競技にについて少しお話しさせていただきます。

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが運営するプロリーグである「Bリーグ」が2016年に発足されて以来、少しづつテレビなどのメディアで目にすることが増えてきました。
「Bリーグ」以前にも日本バスケットボールリーグは2つ存在しておりましたがプロチーム、社会人チームが混在しているリーグでこれらリーグが統合することで発足しました。
男子ではB1、B2、B3の3部、女子は1部という構成になっています。
更に「Bリーグ」を頂点としたピラミッド型構造になっており実業団、社会人の地域リーグが別にあります。
この地域リーグを勝ち抜きチャンピオンシップにてB3リーグライセンスを取得するとBリーグ昇格への権利を得ることが出来ます。
更に「特別指定選手契約」という枠もあります。
特別指定選手契約とは、当該シーズン3月31日時点で満22歳以下の選手を対象に、個人の能力に応じた環境を提供することを目的とした制度。
当該選手は全日本大学バスケットボール連盟または全国高等学校体育連盟バスケットボール部に選手登録している場合も、所属チームへの登録のままBリーグの公式戦に出場することができます。
現在では小学生のクラブチームを含めてバスケットボールのプレーをする機会、プロ選手へのルートは増え日本でも競技人口は約60万人ほどいるメジャーなスポーツとなってきています。

年齢によって起きやすいスポーツ障害・外傷について

小学生・中学生・高校生・大学生・社会人では筋肉・骨格含め身体の構造が異なってきます。そのため年齢によって起きやすいスポーツ障害、外傷も変わってきます。まずは年齢によってどのような怪我が発生しやすいのかを説明させて頂きます。

小・中学生に起きやすい成長痛

小学生・中学生では骨にはまだ柔軟性があり、筋肉もまだまだ発達していく過程にあります。一般的に「成長痛」と呼ばれる怪我はこの時期に好発します。成長痛とは単に身長が伸びるから膝や踵・腰などに痛みが出るわけではありません。成長痛を理解するためにはまず身長が伸びる時の手順を知る必要があります。身長が伸びるメカニズムは骨の端にある成長軟骨が骨化し長さが変わると伴に身長も伸びていきます。同時に筋肉も引き伸ばされ筋繊維の長さの変化、筋繊維の数も変化していきます。この時、筋肉が引き伸ばされるストレス+運動時の筋肉の収縮のストレスがかかることになりますが、一番ストレスがかかりやすい部位が「筋肉の付着部と腱」になります。

筋肉は原則、骨から骨に付着し収縮することで関節を動かすことができます。筋肉は腱に組織が移行したのちに骨に付着します。その付着部が関節付近になるため痛みが膝や踵などに発生しやすくなります。施術では筋肉にアプローチするだけでなく筋肉の負担を軽減させるために筋出力を整える感覚のトレーニングなども行いしっかりと身体のコントロールができるようにならなければなりません。

実際にミニバス・中学でバスケットボールをしている選手はシーバー病(踵の痛み)、オスグッドシュラッター病(膝の痛み)、腰痛で悩んでいる方が多く見られます。

極端に症状が悪化していくと、筋肉の付着部である骨が剥がれる剥離骨折のリスクもあります。

高校生以上になると身長の停止とともに筋肉の伸張ストレスも軽減されます。しかし試合中の接触プレーなども激しくなり突発的な怪我の増えてきます。

来院される方の症状は打撲・肉離れ・靭帯断裂の手術後のリハビリ・骨折・捻挫・突き指などが大半を占めています。突発的に起きる肉離れや靭帯損傷、捻挫というのも単に運動量の増加だけが原因ではありません。中には怪我で思うように練習が出来ず不安感や悩みがある方は少なくありません。中学生後半からは怪我が起きる前のケアが重要となります。年齢別では100%ではありあませんがこのような怪我の好発部位などに変化が現れていきます。

身体の部位別・バスケットボール選手に起きやすいスポーツ障害・外傷を解説させて頂きます。

足部の怪我

足関節部捻挫による靭帯損傷

レイアップ後に選手の足の上に着地して」「ドリブルしながら切り返した時に」など接触でも自発的な動きでも起きうる発生頻度の高い怪我の一つです。軽度の損傷であれば時間の経過とともに自然に回復することが多いですが重度な損傷の場合靭帯へのダメージだけでは無く筋肉、関節部まで損傷し歩行困難になることもあります。予後も関節部の不安定感が残ったり腫れが引かず慢性的な痛みが残ることもあるので軽度であっても初期処置の早さが重要となってきます。

種類は足先を内側に捻り外側の組織を痛める「内反捻挫」が多く発生します。足首の構造上、スネの外側にある腓骨が内側の脛骨より長い為、自然と内側に捻りやすい構造になっています。捻挫に関してよく「一度捻挫すると靭帯が伸びて繰り返しやすくなりますか?」と質問されることがあります。そもそも靭帯は関節が正常な可動域から逸脱しないように詰めておく留め具です。伸びる性質はなく損傷時は微小断裂か完全断裂となります。捻挫をよくしてしまうのは足を地面につく瞬間もしくは逆足のバランス感覚を見直す必要があります。

 

ショパール関節・リスフラン関節の捻挫

足には足首だけでなく足の甲にも二つの関節が存在します。後方(踵側)にあるのはショパール関節、中央部(指側)にあるのはリスフラン関節と呼ばれます。実は足首だけでなく足の甲の捻挫も少なくはありません。

発生する動きは明かに捻っていなくても「シュートのジャンプの瞬間」「急ブレーキの瞬間つま先に体重がかかった時」など些細なことや「人の足の上に着地して捻る」など高さのある所からの捻挫で痛めやすい箇所になります。

これらの関節が存在することで足の接地時には衝撃を和らげるクッションに、蹴り出しの時には推進力を生むことができます。

クッションの役割をしているので足裏に体重がかかるたびに負荷がかかる為、特に重度の靭帯・関節部の損傷があると足をつくことができないほど痛みが出ることもあります。

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)

疲労骨折は一度の大きな外力が骨に加わって起きる骨折と異なり負荷が蓄積し骨折します。

バスケ選手に多く見られる疲労骨折にジョーンズ骨折があります。

足の小指の付け根にある中足骨に発生することが多く、原因ははっきりリバウンドの着地やステップの時に発生することもありますが、ランニング中や練習中に少しづつ負担が蓄積され発生することが多いです。

痛みは骨折部だけでなく足の甲から裏まで広範囲に至ることもあり、他の筋組織の痛みや腱鞘炎などの症状と鑑別しなければ見逃してしますこともあります。

ジョーンズ骨折が発生する部位は足を地面についた時に足の裏と連動してクッションの役割をしています。常に負荷がかかり、血流も乏しい部位になるため早期発見・早期施術が重要になります。

アキレス腱炎

ふくらはぎに存在する腓腹筋(表層)・ヒラメ筋(深層)の二つが統合されアキレス腱となり踵に付着します。アキレス腱炎とは名前の通りアキレス腱の微小損傷・炎症が起き痛みがある状態を表します。

アキレス腱の役割は腱自体が収縮し関節を動かすのではなく、ふくらはぎの筋肉の力を円滑に伝えて足の底屈(つま先立ちの動き)を行なっていきます。

一度の外力で損傷する場合はアキレス腱断裂に至ることもありますが、アキレス腱炎は着地の衝撃やふくらはぎからの負荷がかかり続けることにより少しづつ痛み・腫れが現れます。アキレス腱は身体の中でも強靭な靭帯で、さらに周りには脂肪組織、血液が豊富で腱自体はアーチ状になり負荷が集中しにくい効率のいい構造となっております。

しかし一度身体のバランスが崩れ炎症が起きると組織の微小断裂が発生し、ひどくなればアキレス腱断裂のリスクも高くなる症状です。

シンスプリント

足関節の動きに関与する筋肉は主にスネ周りから足関節をまたいで付着していす。シンスプリントはこの足首の動きに関与するスネ周りの筋肉の炎症、痛みが主な症状となります。
動作中の痛みの範囲としてはスネの内側または外側の3/2下方に強く出ることが多く、一番負荷が集中している所は圧痛や腫れが顕著に現れます。

スネの外側の筋肉は「足首、足の指をそらす」
スネの内側の筋肉は「足首、足の指を曲げる」

という動きを担っており足首、足指の動きによって負荷がかかっているかで症状の現れる箇所が変わってきます。
バスケでは特にランニングなどの基礎トレーニングが多くなる時期に発症することが多く「走っている時の足の接地の時」「ジャンプの着地の時に響く痛みがある」など衝撃がかかる時に痛みが出ます。シンスプリントを放置して悪化すると、最悪の場合筋肉が付着している脛骨が疲労骨折してしまうリスクもあります。

膝周辺の怪我

オスグッドシュラッター病

オスグッドはバスケをしている小学生・中学生で多い障害の一つです。
初期の症状は膝蓋骨(膝のお皿)の下方にある少し隆起している脛骨粗面に運動中又は運動後に腫れ・押さえた時の痛み(圧痛)など局所的に現れます。
症状が悪化してしまうと日常的に痛みが出やすく、粗面部が変形して出てくることや、剥離骨折してしまうことがあります。
この脛骨粗面には大腿四頭筋筋(太ももの前にある大きい筋肉)が付着しており一般的にオスグッド病の原因は大腿四頭筋の「過度な緊張」や「柔軟性の低下」があげられます。ただ実際にトレーナーの現場や来院されているオスグッド病でこられた方の大腿四頭筋の硬さに問題がないこともあります。
例え筋肉に張っている感じや硬さがあっても痛くない逆側の足の筋肉と比べると差がほとんどないこともあります。施術も一部の筋肉へのアプローチだけでは完治が難しい場合があります。

オスグッド病は腹筋、肋骨、足首など体幹部から足先にかけての連動性が崩れた時に同じ負荷が膝にかかり続ける為痛みが悪化していくことも多く、根本的改善は身体の使い方にあります。

鵞足炎

人の身体にある鵞足という部分はオスグッドでお話しした脛骨粗面よりもっと内側にある膝を曲げる時に緊張する筋肉「薄筋・縫工筋・半腱様筋」が付着する場所を言います。
鵞足炎はこれらの筋肉が付着する膝の内側に炎症が起き痛みが発生する症状です。
これら3つの筋肉は太ももの前や裏から膝裏を通り膝の内側に付着します。そのため筋肉に炎症が起きると痛みの範囲は膝裏にまで達することもあり、他の傷病と間違えられ見逃されるケースもあります。どこの組織に負荷がかかり痛みが出ているのかは動作痛や症状の確認を行い見極めることが重要になります。

特に鵞足付近には内側側副靱帯や半月板などもあり痛みが発生した時の状況も確認しなければなりません。

痛みは瞬間的に出るのではなく、運動時間が長くなるとどんどん痛みが酷くなる場合が多く見られます。運動できるけど痛みが出てきた初期の段階で施術やケアをしていかなければ悪化するとディフェンス時やドリブルの姿勢をとるだけで痛みが出てしまうこともあります。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

膝蓋靭帯とは膝関節にある靭帯の一つで膝蓋骨(膝のお皿)から脛骨についており大腿四頭筋腱の一部になります。痛みは付着部である膝関節の下方に出るのですがオスグッド病と場所も症状も類似しています。圧痛含め動作痛、エコー検査などを使い判別していかなければなりません。
ジャンパー膝は名前の通りジャンプ動作の負荷が膝にかかり起きこりやすい症状と言われています。
しかし膝蓋靭帯は地面からの負荷を吸収し膝の動きを保つため、形は扁平で約6㎝前後ある強靭な構造になっています。そのためシンプルにジャンプによる衝撃だけで痛くなるとは断定できません。
靭帯への負荷は関節部のスライド(剪断力)の過度の動きが関与してきます。靭帯の役割の一つとして関節の正常な範囲を超える動きを制限する働きもあります。
バスケでは「ドライブからバックステップもしくは急なブレーキ後のシュート」や「ディフェンス時のサイドステップ、急な切り返し」など緩急のある動きの際に膝に負荷がかかります。そのため類似した症状でも痛みの出る動きやタイミングは微妙に違う為、損傷部位を鑑別する必要があります。
症状は悪化しても腫れ感が分かりにくく、慢性的に痛みが持続してしますこともあります。

膝関節捻挫による靭帯・半月板損傷

バスケではあまり靭帯断裂や半月板損傷など接触などで起きる大きな怪我が少ないイメージを持たれることがあります。しかし学生だけなく日本のプロバスケット選手、NBAの海外の選手の怪我の経歴を見てみも膝周りの怪我は特に多く見られます。
バスケは実際コンタクトも多く、空中での接触後そのまま上に乗られたり、バランスを崩しそのまま転倒するなど怪我のリスクは常につきまとってきます。前十字靭帯断裂、手術後のリハビリで来られる選手が非常に多いです。接触だけでなくプレー中に急ブレーキをかけた時、足首を捻った時に膝にも負荷がかかり損傷するケースもあります。
かかる外力により痛める部位は異なりますが関節内の組織では

前十字靭帯:大腿骨と脛骨を繋ぎ、捻る動きや・大腿骨に対して脛骨が前方に行きすぎないように止めている靭帯
内・外側半月板:関節に負荷を分散させ、関節を安定させる役割

の損傷もしくは断裂があります。
術後も組織が修復されても痛みが残存したり機能が完全に戻らないなど問い合わせを頂くこともあります。手術だけでなくその後スポーツに復帰するまでの経過もリハビリ・施術が重要になってきます。

腰の痛み

腰椎分離症

分離症は骨がまだ完全に骨化していない小学生・中学生に発症しやすく、バスケ選手で腰部への過剰な負荷による疲労骨折です。

腰椎に直接負荷がかかるだけでなく付着している股関節の動きに関与する「腸腰筋」や脊椎の動きに関与する「脊柱起立筋」など筋肉の継続的な過緊張で腰椎が引っ張られ骨折することもあります。

腰痛分離症は筋挫傷(肉離れ)など筋肉性の腰痛と症状が類似し、レントゲンが普及していない時代には鑑別は困難だとされていました。
現在でも練習が厳しくただの腰痛だと我慢していると分離症が悪化してしまい来院されるケースもあります。
分離症の場合、大人で言うぎっくり腰のようなその場で完全に動けないほどの激痛が走ることもある症状です。時には発症直後、救急車で運ばれるケースもあります。
分離症では動作痛はもちろんですが座る時間が長い、立ちっぱなしでも痛みが出ることがあり痛みが出ている期間が長ければ疑わなければなりません。疑わしいものは病院にてレントゲンやMRI検査を行い確認をしていただきます。
バスケの動きではひどくなると「レイアップ、シュート後の着地で腰に響く痛みが出る」「ランニングの振動が腰に響く」などシンプルな動きでも痛みが出ることもあります。

上半身の怪我

バスケにおいて上半身は基本的に疲労骨折やオーバーユースによる怪我は比較的少なく下半身に疲労性の怪我が集中します。
上半身は主に打撲、捻挫、脱臼、骨折が多くこれらも自動運動でなるより選手同士の接触や転倒した時、ボールが指に当たるなどアクシデントによる怪我が多く見られます。

ボールのキャッチミスによる指の不全骨折(ヒビ)、肩関節の亜脱臼後のリハビリ、転倒時に手をついて肘の捻挫・手首の捻挫(TFCC損傷)、空中で接触し首がむち打ちの症状が出るなどでお悩み方が来られます。

マイオパルスはこれらの軟部組織の損傷の修復能力を高めるため様々な症状に対応可能です。
施術内容も重要になりますがどこを痛め今の身体の状態を問診や話し合い、エコー検査により鑑別に時間をかけなければなりません。

当院でのバスケットボール選手・スポーツ障害ヘの施術と整体について

バスケットボール選手の怪我・スポーツ障害を解決するために、当院では独自の特殊な方法を用いて整体を行なっています。
柔軟性、筋肉のトレーニングを自宅でも行える形でなおかつオリジナルの内容となります。

整体…「ひもトレ」「ザコザーラ」を用いたものになります。

ひもトレ

スポーツ界から介護や医療業界でも広く知られている「ひもトレ」。紐を身体に巻きつけたり、添わして運動を行うことで、身体の感覚性を高め、身体能力を向上させます。ヒモトレについて詳細はこちら

ザコザーラ

ザコザーラは特殊な高反発クッションで坐骨をグッと下から支え上げ、骨盤を理想的な位置へ導いてくれます。整体時だけでなくご自宅でのセルフケアにもお使いいただけます。トレーニング時やデスクワーク時のサポートグッズとしても最適です。詳細はこちら

 

機器による施術…微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」ハイトーン機器「ハイチャージ」

微弱電流機器「アキュスコープ」「マイオパルス」

微弱電流機器「アキュスコープ」我々が触診では確認できない体内の電気信号を読み取り、正しい電気信号に書き換えることで身体本来の治癒力を引き出すことが出来ます。
即効性のある施術が可能となっております。
アキュスコープ

ハイトーン機器「ハイチャージ」

ハイトーン機器「ハイチャージ」は我々が活動するためのエネルギーを生成している「ミトコンドリア」を活性することで、内臓疲労・筋肉疲労・冷えなどを含めた体に起きうるあらゆるストレスに効果が期待できます。
ハイチャージ

これらの機器を使用することでストレスのたまりにくい身体づくり、予防が可能となります。

日頃のメンテナンスとしてもご利用いただけます。

怪我・スポーツ障害は早期に対処、解決することが何より重要です!

症状によって来院回数、期間は異なりますので「あなたのお困りの症状について」お気軽にお問い合わせ下さい。

>来院を悩まれているあなたへ

来院を悩まれているあなたへ

アスリートに立ちはだかる最大の壁は 自身の能力の限界ではなく 怪我や痛みによる運動の制限にあると 私たちは考えています。 その壁はアスリート一人では到底立ち向かえるものではありません。 ケガや痛みであなたが諦めなければいけないものが 一つでもあるのなら 私たちにご相談ください。 あなたが全力でプレーできるよう、 自身の能力の限界に挑戦できるよう、 私たちが最大限のサポートをさせていただきます。

CTR IMG