かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

トゥシューズで上手に踊るポイント

こんにちは。大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院です。

バレエといえばトゥシューズ。

子供から大人までみんなトゥシューズを履いて踊ることに一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

しかし実際にトゥシューズを履いてみると、思うように立てなかったり

楽しかったはずのバレエが急に辛いものになってしまう人も多いようです。。。

今回は トゥシューズを履いた時に陥りやすい注意ポイントや練習方法についてお話します。

トゥシューズへのイメージを変えてみましょう。

トゥシューズに対して苦手意識を持っていませんか?

トゥシューズはうまく履きこなすことができると

バレエシューズよりも足元をアシストしてくれるので踊りやすいのです。

例えば ルルべアップ!ポワントで立つときも

トゥシューズのソールが足裏をグイっと押してほんの少し手伝ってくれます。

 

また回転の時も

軸を崩さず トゥシューズの先、中央に体重が乗っていれば

勢いが止まるまでずっと回ることもできてしまいます。

 

トゥシューズはバレリーナにとって欠かせないシューズなのです。

トゥシューズを履くと踊れなくなる、、、と自信を無くすのはもったいない!

もっとバレエが踊れるように トゥシューズを履きこなすポイントを見ていきましょう!

 

ポイント①立った時の姿勢

バレエを踊るときの立ち姿勢全てに共通するのですが

立っているときは常に首の後ろの筋を 天井からつられているように意識します。

トゥシューズで立っている時ももちろん同じです。

しかし トゥシューズで立つと 首の後ろではなく

胸やお腹から天井に吊られたようになっている人を多く見ます。

お腹を前に突き出して、背中を反ることでバランスを保ってしまっている状態です。

 

これだと膝も曲がってしまいますし 立っているのがやっとなのです。

この姿勢で踊るなんでまず無理です。

 

このような立ち方の原因は

・足裏の力が弱い

・腹筋が弱い

・トゥシューズを怖がっている

です。

トゥシューズで立たなきゃと思ううちに 上の方に意識がいき、

トゥシューズで立っている足がゆるゆるになっている可能性があります。

両手でバーを持ち、正しい姿勢を作った中でルルべアップの動作を何回も繰り返しましょう。

足裏の力が使えるようになると、上体も正しく作りやすいです。

 

ポイント②トゥシューズでもアンディオール

トゥシューズを履いた途端、アンディオールの意識が0になってしまう方

トゥシューズは足が真正面を向いた状態だと基本的には立てない構造なのです。

 

じゃあ6番の時は?と思った方もいるかもしれませんが

バレエの6番はただ足が真っ直ぐ気を付けの状態ではありません。

6番でもすでに内腿を引き寄せ、お尻を集めたアンディオールが始まっているのです。

 

この引き寄せができていない ガバガバの足のままでは 鋭く強い足は作れません。

 

両手バーを持ち、アテールの6番ポジションをしましょう。

どんな足の形でも 内腿を引きよる力は使うことができます。

膝、太ももを近づけてアンディオールを作りましょう。

 

内腿に力を入れる感覚がピンとこない方は

引き上げができていないかも。

普段の姿勢よりも 1段階、2段階 おへその位置が高くなるように

体を中心に集めて 重心を高く作りましょう。

 

バレエ整体なら大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へ

やまぐちスポーツ整骨院では数あるスポーツの中でも特に「バレエダンサー」のサポートに力を入れています。
バレエは特殊で繊細な身体の動きを必要とするため、少しの違和感や痛みがパフォーマンスに影響します。

当院のバレエ整体(スポーツ整体)の特徴は

①あなたのお悩みに合ったオーダーメイドの施術プラン
②身体の仕組みをわかりやすく解説
③触診ではわからない体の問題点を最新の機器を用いて明らかにし根本的解決

ぜひ大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へご相談ください。

ご予約はこちらから(メニューはスポーツ整体をお選びください)