かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

再確認!正しいプリエをするためのポイント

こんにちは。大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院です。

今回は プリエについてのお話です。

基本の単純な動きだからこそ、見落としやすい注意点や危険なポイントを紹介します。

 

プリエとは

両ひざを外に開いて曲げる動作のこと。

動きと動きをつなぐ役割をします。

 

屈伸と動きは似ていますが、

プリエはただ膝を曲げる動きではありません。

両足を引き寄せる内腿の力を抜かないまま、両ひざを外に引っ張るようにして力を使います。

 

プリエは

ドゥミプリエ

グランプリエ

の2種類に分けられます。

 

1、ドゥミプリエ

両足のかかとが床から離れない状態で

両ひざを外に引っ張ります。

前から見て プリエした足の形が きれいなひし形になるようにします。

 

ドゥミプリエの注意ポイント

①足先と プリエした時の膝の向きがねじれているプリエしていませんか?

この足の使い方は最も危険です。

バーレッスンでのプリエは、すべての基本。

センターレッスンなどでその後 大きく動くための身体づくりです。

バーレッスンで正しいプリエをしていなければ、その後も正しいプリエができるはずもないのです。。。

大きなジャンプで足首のケガへ直結してしまいます。

足先ばかりにとらわれない! 無理に開かなくて大丈夫です。

両足を引き寄せる力を意識して、足の付け根からアンディオールをつくりましょう。

 

②土踏まずを引き上げましょう

足裏全体で床を押して立てていますか?

親指側に体重が流れて 小指が床から離れていると

正しく内側の筋肉を使うことができません。

①の話と共通しますが

小指が浮くほど 無理に足先を開く必要はないのです。

足裏全体で 床を感じられるポジションを意識します。

2、グランプリエ

グランプリエは ドゥミプリエよりも大きく膝を外に引っ張ります。

2番では踵をつけたままですが、

他のポジションでは 踵が床から離れます。

 

グランプリエの注意ポイント

グランプリエをするまでには必ずプリエを通過します。

当たり前!の話なのですが

プリエを通過する前に 踵を浮かせてしまっている人、とても多いのです!

踵は自分の意識で持ち上げてはいけません。

プリエを通過したのち、グランプリエをするために仕方ないから踵が少し浮いてしまうぐらいの認識です。

ぎりぎりまで 床につけたまま粘ります。

 

グランプリエから戻るときも いつまでも踵が浮かんでしまわないで

戻りながら いち早く 床に近づけましょう。

そうすることで きちんと内側の筋肉を使えたプリエができます。

 

まずはバーレッスンから意識してみましょう。

正しくプリエをして 内側の筋肉を使うことで

足のラインもより美しくなります。

 

バレエ整体なら大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へ

やまぐちスポーツ整骨院では数あるスポーツの中でも特に「バレエダンサー」のサポートに力を入れています。
バレエは特殊で繊細な身体の動きを必要とするため、少しの違和感や痛みがパフォーマンスに影響します。

当院のバレエ整体(スポーツ整体)の特徴は

①あなたのお悩みに合ったオーダーメイドの施術プラン
②身体の仕組みをわかりやすく解説
③触診ではわからない体の問題点を最新の機器を用いて明らかにし根本的解決

ぜひ大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へご相談ください。

ご予約はこちらから(メニューはスポーツ整体をお選びください)