かんたんネット予約 お電話はこちらから
大阪上本町院 簡単ネット予約 東大阪市弥刀院 簡単ネット予約 南森町院 簡単ネット予約
大阪上本町院 電話予約 南森町院 電話予約
大阪上本町院 LINE 東大阪市弥刀院 LINE 南森町院 LIME

ピルエットを回るためのコツ・ポイント

こんにちは。大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院です。

今回はピルエット(回転)についてのお話です。

バレリーナらしいくるくると回るピルエットは誰もが憧れますよね。

ピルエットを練習するためのコツやポイントをご紹介します、

 

ポイント1:体の軸をつくる

ピルエットを回るには 回っている間、真っ直ぐに立つための体の軸が必要です。

まずは ルルべパッセのバランスで確認します。

軸が見つかっていないまま 何度回る練習をしても

運が良ければ回れるような ギャンブルになってしまいます。

ルルべやポワントのパッセで3秒はバランスをとれるよう、練習しましょう。

左右の肩・腰が歪んでしまわないように、全身を引っ張り合うイメージで床を押します。

 

ポイント2:腕の使い方

ピルエットのときに 進行方向の手で勢いをつけて回るのはNGです。

勢いで回ることはケガにもつながります。

 

右のピルエットの場合、右手は固めず自然にひらいてアンナバーへ持っていきます。

重要なのは左手。

左手をアンナバーに集めてくる力を使って回転します。

 

また左右の腕の動きは床に対して平衡に使えるように意識しましょう。

ポイント3:顔のつけ方

よく、ピルエットの時に首をきって!という注意が飛びます。

バレエで首をきるとは 回転するギリギリまで顔を正面に残して、

最後に素早く正面に振り返ります。その勢いで回転します。

 

ここで発生するのが 顔を残しているつもり になっていて

実際には全く残せていないというケースです。

 

目だけで正面を見ているつもりになり、顔の向きは身体と一緒に回りだしてしまっている人、

非常に多いです。

自分が思っている以上に目だけではなく顔ごとはっきり動かして、

首をきってみましょう。

 

ポイント4:プリエアップのタイミング

ピルエットは 4番のプリエから

同時に ルルべのパッセに立ち、回転します。

 

ですが回ろうとしすぎて ルルべのパッセに立てていないのに

体が先に回っていってしまう。

回転しかけのねじれた体のまま ルルべのパッセになるなんて至難の業です。

 

順番をはっきり!

ポイント1でも書きましたが

回転するためには まずはルルべパッセで立っていることが大切なのです。

 

プリエアップのタイミングを焦らず、まずはまっすぐ立つことを意識しましょう。

バレエ整体なら大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へ

やまぐちスポーツ整骨院では数あるスポーツの中でも特に「バレエダンサー」のサポートに力を入れています。
バレエは特殊で繊細な身体の動きを必要とするため、少しの違和感や痛みがパフォーマンスに影響します。

当院のバレエ整体(スポーツ整体)の特徴は

①あなたのお悩みに合ったオーダーメイドの施術プラン
②身体の仕組みをわかりやすく解説
③触診ではわからない体の問題点を最新の機器を用いて明らかにし根本的解決

ぜひ大阪上本町駅から徒歩1分のやまぐちスポーツ整骨院へご相談ください。

ご予約はこちらから(メニューはスポーツ整体をお選びください)